ホーム 公演・イベントカレンダー 中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演 2021 「浦島」「甦大宝春日龍神」
中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演 2021

発売中

中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演 2021

「浦島」「甦大宝春日龍神」

歌舞伎の舞台のみならず、大河ドラマや映画にと幅広いジャンルで活躍を続ける
中村勘九郎・中村七之助が、全国へ歌舞伎を届けたいとの思いから2005年にスタートさせた巡業公演。
常に挑戦を続ける二人が様々な趣向を凝らして贈る特別な舞台を、ぜひこの機会にご覧ください。
出演者3名によるアフタートークもお楽しみに!

[関西医大 大ホール座席表]

オンラインチケット予約

概要

日程 2021年10月22日(金)
時間 12:30開演/16:30開演 ※各回60分前開場
会場 (本館)関西医大 大ホール
料金

A席 9,000円 B席 8,000円 C席 7,000円(全席指定・消費税込み)

チケット発売日 会員先行(電話・WEB) 2021年7月10日(土)
一般(電話・WEB) 2021年7月21日(水)
一般(窓口) 2021年7月22日(木)※残席がある場合
※各日10:00より発売
出演 中村 勘九郎、中村 七之助、中村 鶴松 ほか
演目 「浦島」・・・ 中村 鶴松

「甦大宝春日龍神」
村の男 田吉 実は猿澤の龍神 ・・・ 中村 勘九郎
村の女 宮子 実は猿澤の龍女 ・・・ 中村 七之助

トークコーナー・・・中村 勘九郎、中村 七之助、中村 鶴松
チケットのお申込み 枚方市総合文化芸術センター WEB https://hirakata-arts.jp/ticket/
チケットデスク 0570-008-310(ナビダイヤル)受付時間(10:00~17:00)
窓口 枚方市総合文化芸術センター別館 大阪府枚方市新町2丁目1-5(10:00~20:00)

チケットぴあ 0570-02-9999 https://w.pia.jp/t/kinshu2021/[Pコード 507-017]
ローソンチケット https://l-tike.com/kinshu2021/[Lコード 53042]
イープラス https://eplus.jp/kinshu2021/

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、内容が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※車いす席は枚方市総合文化芸術センター別館チケットデスク・窓口のみでのお取り扱いです。
※駐車場(有料)に限りがあります。公共交通機関をご利用ください。
主催 枚方市総合文化芸術センター指定管理者 アートシティひらかた共同事業体
お問い合わせ 枚方市総合文化芸術センター別館
電話受付 072-843-5551(9:30~20:00/火曜休館、祝日除く)
注意事項 ご来場されるお客様へのお願い

●入場者数を制限して販売する場合がございます。
●ご入場の際、検温を行います。37.5℃以上の発熱など症状がある場合、入場をご遠慮いただきます。
●必ずマスクを着用願います。(マウスシールド不可)
●手洗い、手指消毒にご協力ください。
●出演者へのプレゼント、入待ち、出待ちはご遠慮ください。
●感染の再拡大により、公演の中止や、出演者、公演内容、座席配置等が変更となる場合がございます。
公式サイト 中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演 2021

Profileプロフィール

中村 勘九郎
中村 勘九郎

1981年生まれ、東京都出身。十八代目中村勘三郎の長男。 1986年1月歌舞伎座にて初お目見得。 1987年1月歌舞伎座『門出二人桃太郎』の兄の桃太郎で二代目中村勘太郎を名乗り初舞台。 2012年2月新橋演舞場『土蜘』僧智籌実は土蜘の精、『春興鏡獅子』の小姓弥生後に獅子の精などで六代目中村勘九郎を襲名。 歌舞伎にとどまらず、舞台「おくりびと」「真田十勇士」、大河ドラマ「新選組!」、映画「禅」など幅広く精力的な活動を続けている。 2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に主役の1人である金栗四三役で出演。

中村 七之助
中村 七之助

1983年生まれ。東京都出身。十八代目中村勘三郎の次男。 1986年9月歌舞伎座『檻(おり)』の祭りの子勘吉で初お目見得。 1987年1月歌舞伎座『門出二人桃太郎』の弟の桃太郎で二代目中村七之助を名乗り初舞台。 以後、舞台出演のみならずさまざまな所でも活躍。 2003年にはハリウッド映画「ラストサムライ」に明治天皇役で出演。 また2016年には演出家デヴィット・ルヴォー演出の現代劇『ETERNAL CHIKAMATSU』にも出演。 2015年松尾芸能賞 新人賞受賞。2015年第1回 森光子の奨励賞などを受賞。 2018年「助六曲輪初花桜」の揚巻、2019年「廓文章」の夕霧、と女形の大役を務めている。

見どころ

「浦島」 中村 鶴松
竜宮城へ招き入れられ、世にも美しい乙姫と共に夢のような時を過ごした浦島。
現実の世界に戻った浦島は、乙姫への恋心を募らせるばかり。そして土産にもらった玉手箱を開けてみると…。
「助けた亀に連れられて」。誰もが知る古来より伝わる有名な伝説を舞踊化した一幕をどうぞお楽しみ下さい。


「甦大宝春日龍神」
村の男 田吉 実は猿澤の龍神
         中村 勘九郎
村の女 宮子 実は猿澤の龍女
         中村 七之助
明恵上人     中村 いてう
村の女 松子(昼)中村 仲四郎
村の男 太郎(夜)中村 仲助
村の女 花子   中村 仲之助 (昼)
         中村 仲弥 (夜)

鎌倉時代の高僧・明恵上人が仏跡を拝むために天竺へ旅立つことを報告しに春日大社を訪れると、村の男女の姿に身を変えた龍神と龍女がその様子を伺いに現れます。
「日本にとどまるように」との春日大明神のお告げを受けた明恵上人は大急ぎで京都の栂尾へと帰ります。
さて、そのあと春日の山では…、
春日大社「第六十次式年造替記念」の奉納舞踊として、平成二十六年に創作された演目が今ここに甦ります。