ホーム 公演・イベントカレンダー 枚方市総合文化芸術センター 開館記念
枚方市文化芸術アドバイザー企画 青年団第90回公演『東京ノート』 *第39回岸田國士戯曲賞受賞作品
青年団第90回公演『東京ノート』

PDFダウンロード

発売中

枚方市総合文化芸術センター 開館記念
枚方市文化芸術アドバイザー企画

青年団第90回公演『東京ノート』

*第39回岸田國士戯曲賞受賞作品

市文化芸術アドバイザーの平田オリザの代表作で、第39回岸田國士戯曲賞受賞作を上演。
枚方市出身の劇作家・演出家のごまのはえ作の「ヒラカタ・ノート」と共に
演劇界で高い評価を受けた2作品をダブル上演!
[関西医大 小ホール座席表]


オンラインチケット予約

概要

日程 2021年10月8日(金)~10月10日(日)
時間 10月8日(金)開演 14:00
10月9日(土)開演 18:30
10月10日(日)開演 14:00
会場 (本館)関西医大 小ホール
料金

一般 3,500円 高校生以下 2,500円
(全席指定・消費税込)

チケット発売日 会員先行(電話・WEB) 2021年6月12日(土)
一般(電話・WEB) 2021年6月23日(水)
一般(窓口) 2021年6月24日(木)※残席がある場合のみ
※各日10:00より発売
作・演出 平田オリザ(枚方市文化芸術アドバイザー)
出演 山内健司 松田弘子 永井秀樹 小林 智 兵藤公美
能島瑞穂 大竹 直 長野 海 堀 夏子 村田牧子
中村真生 菊池 佳南 佐藤 滋 中藤 奨 吉田 庸
藤谷みき 石渡 愛 木村巴秋 南風盛もえ 山田遥野
スタッフ 舞台美術:杉山 至
舞台監督:武吉浩二(campana)
照明:西本 彩
音響:泉田雄太
衣裳:正金 彩
宣伝美術:工藤規雄+渡辺佳奈子 太田裕子
宣伝写真:佐藤孝仁
宣伝美術スタイリスト:山口友里
制作:太田久美子 西尾祥子(sistema)
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画
あらすじ 舞台は近未来の美術館。
ヨーロッパでは大きな戦争が起こり、そこから避難してきた絵画を前に、
家族や恋人たちが、両親の世話や相続問題、進路や恋愛などについて断片的な会話を繰り返す…。

1994年に初演され、これまでに13ヶ国語に翻訳された『東京ノート』は、言葉の壁を超えて広く愛されるレパートリー作品として、国内はもとより世界16ヶ国で上演され続けてきた劇団の代表作です。
近年は、台湾、タイ、フィリピンで『台北ノート』『バンコクノート』『マニラノート』を現地で翻案上演、2020年には各国キャストと日本・韓国・アメリカ・ウズベキスタンの俳優も参加し『東京ノート・インターナショナルバージョン』を上演、複雑さを抱えた近未来の東京を立体的に描き出しました。
チケットのお申込み 枚方市総合文化芸術センター WEB https://hirakata-arts.jp/ticket/
チケットデスク 0570-008-310(ナビダイヤル)受付時間(10:00~17:00)
窓口 枚方市総合文化芸術センター別館 大阪府枚方市新町2丁目1-5(10:00~20:00)

チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード 506-749]
ローソンチケット https://l-tike.com/[Lコード 51550]
ひらかた観光ステーション(窓口販売のみ)大阪府枚方市岡東町19-1京阪電車「枚方市」下車、東改札口正面

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、内容が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※高校生以下の学生席と、車イス席はチケットデスク・窓口のみで販売します。
 学生席は、購入時・入場時に学生証のご提示をお願いします。
※駐車場(有料)に限りがあります。公共交通機関をご利用ください。
主催 枚方市
枚方市総合文化芸術センター指定管理者 アートシティひらかた共同事業体
お問い合わせ 枚方市総合文化芸術センター別館
電話受付 072-843-5551(9:30~20:00/火曜休館、祝日除く)
注意事項 ご来場されるお客様へのお願い

●入場者数を制限して販売する場合がございます。
●ご入場の際、検温を行います。37.5℃以上の発熱など症状がある場合、入場をご遠慮いただきます。
●必ずマスクを着用願います。(マウスシールド不可)
●手洗い、手指消毒にご協力ください。
●出演者へのプレゼント、入待ち、出待ちはご遠慮ください。
●感染の再拡大により、公演の中止や、出演者、公演内容、座席配置等が変更となる場合がございます。

Profileプロフィール

平田 オリザ
平田 オリザ

劇作家・演出家・青年団主宰。芸術文化観光専門職大学学長。 江原河畔劇場 芸術総監督。こまばアゴラ劇場芸術総監督。豊岡演劇祭フェスティバル・ディレクター。 1962年東京生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。1998年『月の岬』で第5回読売演劇大賞優秀演出家賞、最優秀作品賞受賞。2002年『上野動物園再々々襲撃』(脚本・構成・演出)で第9回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。2002年『芸術立国論』(集英社新書)で、AICT評論家賞受賞。2003年『その河をこえて、五月』(2002年日韓国民交流記念事業)で、第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。2006年モンブラン国際文化賞受賞。2011年フランス文化通信省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。2019年『日本文学盛衰史』で第22回鶴屋南北戯曲賞受賞。 京都文教大学客員教授、(公財)舞台芸術財団演劇人会議理事、日本演劇学会理事、(一財)地域創造理事、豊岡市文化政策担当参与、宝塚市政策アドバイザー、枚方市文化芸術アドバイザー。

青年団

1982年結成。こまばアゴラ劇場を拠点に、平田が提唱した「現代口語演劇理論」を通じて新しい演劇様式を追求し、90年代以降の演劇界に強い影響を与え続けている。劇団内で独自の企画を行う不定形のユニット「⻘年団リンク」は若手アーティスト育成の場として、才気あるアーティストを多く輩出。2020年より兵庫県豊岡市の新拠点「江原河畔劇場」からも作品の創作・発信を行なっている。

青年団twitter随時更新中!

見どころ

見どころ1 過去公演写真 青年団「東京ノート」
2020年 吉祥寺シアター/(C)青木司
見どころ2 過去公演写真 青年団「東京ノート」
2020年 吉祥寺シアター/(C)青木司